Menu

What's New

Links

琉球もろみ酢「あかね」 プリセエジュ トライアルセット 【無料】WEBマガジン『白雪通信』 ユニバースストア プリセエジュ アロマシア クレンジング プリセエジュ アロマシア ソープ プリセエジュ アロマシア モイスチャージェル プリセエジュ アロマシア ラグジュアリークリーム

界面活性剤の肌への悪影響

使い方としていちばん肌に影響のあるのは、「浸透剤」としての使い方。角質層のヒフ油分を通り抜けるために(肌の奥へと浸透させるために)、皮膚機能をこわします。肌に有効な成分(たとえばレチノールやビタミンC)を肌の奥へ通らせるために、肌表面のバリアを「合成界面活性剤」を使って壊す、という、逆転作用が起きてしまいます。
本来は、肌というのは外からの刺激から体を守るために、体内の排出物を「出す」機能を持っています。「汗」や「油分」を体から出す、機能です。この肌というものに、何かを「入れる」のは本来無理なのです。もし、肌が物質をすんなり通してしまったら、肌から毒や汚染物質が体内に入ってしまって大変なことになります。
こういった本来の肌の機能と逆に、「有効成分だけを肌に入れよう」というのは、人間の偏った考え方といえます。有効な成分をいれるために、肌の角質バリアを壊し、肌の奥へと成分が入り込むようにするのが「合成界面活性剤」といえるでしょう。
もちろん、合成界面活性剤も正しい使い方をすれば、暮らしに役立つものですが、化粧品に大量に配合するのは、肌を衰えさせる危険なことだと思います。

 

当社の化粧品プリセージュシリーズには
これらは一切含まれておりませんので安心してご使用いただけます。

 

Prisejor / プリセエジュ


プリセエジュ トライアルセット

(海綿活性剤)


コメントは受け付けていません。

Switch to our mobile site